講演概要

KA-186月9日(金)9:30-10:10

日本におけるFinTech その現状と将来

  • ■セキュリティ
    ■IoT
    ■5G
    ■AI
    ■SDI/NFV
    ■ネットワーク
    ■クラウド&データセンター
    ■モビリティ&ワイヤレス
    ■エンタープライズIT
    ■LBJ
  • 講演者
    岩下 直行
    京都大学
    教授












  • 概要
    「シリコンバレーがやって来る。」2015年4月に、JPモルガン・チェース銀行のダイモンCEOはそう警句を発した。米国では、シリコンバレーを発祥の地とするフィンテック企業が金融分野に進出し、既存の銀行と激しい競争を繰り広げている。
     わが国でも、フィンテックという言葉が注目を集めている。しかし、その実態は米国とは異なる。わが国では、銀行とフィンテック企業が連携して銀行の顧客サービスを改善している。フィンテックの発展は、今後、わが国の金融の未来をどう変えていくだろうか。
     第一に、金融サービスがオープン・イノベーションによって発展し、利用者のUI/UXが大きく向上することが期待できる。その実現のためには、銀行APIのオープン化が重要な鍵となる。第二に、銀行の情報システムが、今よりももっと柔軟に、インターネットに接続するようになるだろう。第三に、わが国の金融機関における個人情報の活用に更なる進化をもたらすだろう。

このページの先頭へ