B-08

9月14日(木) 15:25-16:05

攻めのITを実現する、今求められるべきCRM(顧客関係管理)とは
パーソナライズドCRM - 従業員第一主義にもとづくCRM活動の最適化と顧客満足度向上 -

講演者

■Speaker
アーティサン(株)
取締役副社長 兼 CRM事業部長(CRMエバンジェリスト)
松原 晋啓

概要

CRMとは顧客接点(チャネル)のすべてを管理する「全体最適化」を意味し、未来を創る「攻めのIT」に位置付けられますが、現状の大半はCRMの間違った理解からSFAやMAといった「部分最適化」、かつ「守りのIT」でしか活用されていません。当セッションでは、CRMを中心に「攻めのIT」を実行出来ない日本のIT業界の問題から現状に至るまでの歴史を振り返り、未来を創造するITの活用方法についてご紹介します。

画面を閉じる

事前登録はこちら


Copyright (c) 2017 NANO OPT Media, Inc. All rights reserved