講演概要

6月13日(水) 12:10-13:30

CA-02

VRのビジネス展開とオンラインコミュニティ最新事情
~VR ZoneからVirtual YouTuberまで~

  • 概要
    Ivan Sutherlandが1968年にVR用頭部搭載型ディスプレイを開発してから、今年で半世紀を迎えようとしています。かつては大学や企業の研究機関でのみ用いられていたVRシステムが、家庭用ゲーム機として販売され、今や多くの人がビジネスだけでなく趣味の一環としても用いるようになりつつあります。

    本セッションでは、国内で著名なVRエバンジェリストやVRエンターテインメント施設の主導者から、VRビジネスの現状とVRを活用したオンラインコミュニティの技術とビジネスの動向について解説します。
    ● 『Oculus Rift』とそれからの経験
    ● バンダイナムコエンターテインメント『VR ZONE Project i Can』で得られたものと今後の方向性
    ● VRの活用によるオンラインコミュニティの最新動向
  • 講演者
    ■チェア
    稲見 昌彦
    東京大学 先端科学技術研究センター
    教授
    ■スピーカー
    近藤 義仁
    (株)エクシヴィ
    代表取締役社長
    ■スピーカー
    小山 順一朗
    (株)バンダイナムコアミューズメント
    ニュービジネスリレーション部
    ■スピーカー
    田宮 幸春
    (株)バンダイナムコアミューズメント
    プロダクトビジネスカンパニー
    プロデュースディビジョン
    プロデュース1部 プロデュース2課 マネージャー
    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


このページの先頭へ