講演概要

6月14日(木) 14:30-15:50

CA-06

「スタートアップネーション:イスラエル」との付き合い方

  • 概要
    「イスラエル」が2年ほど前からブームとなっています。2014年から両国政府間の往来が蜜に行われ、
    外務省では『日・イスラエル投資協定』に署名(2017年2月)、
    経済産業省では『日イスラエル・イノベーション・パートナーシップ』の構築に関して
    共同声明を発出(2017年5月)
    など、両国間の関係が強化されてきました。これを踏まえ、日本の民間企業でもイスラエル――人口はわずか868万人――への関心が高まってきています。さらに、「AI技術の急激な進歩」など、従来の経験を遥かに凌駕するスピードで技術革新が進む中、大企業を中心とする「オープンイノベーション」への興味の高まりも、イスラエルブームの背景にあると考えられます。

    しかし、このブームの中で課題も見えてきています。たとえば、イスラエル側の声として
    ・多くの日本企業の幹部が次々に見学(表敬訪問)には来るが、その後が続かない。何のために来るのか?
    ・投資や提携に興味があると言いながら、6ヶ月経っても何の議論の進展もない。
    というような話を良く聞くようになりました。

    本セッションでは、日本とイスラエルの「違いを認識し」「上手く付き合うためには我々はどうすれば良いのか?」 を、提携・投資の実践やその支援をしている当事者から、実際に得た経験――苦労話や注意点など――に基づいて直接お話しします。
    ● スタートアップネーション:イスラエルの紹介(日本との相違点 ほか)
    ● イスラエルのスタートアップと提携実績のある日本企業からのノウハウ・苦労話
     -VAR (Value-added Reseller)としての、多くのイスラエル発のサービスの提供
     -ライセンス契約をし、自社商材としてイスラエル発のサービスを取り入れた提供
     -両国の企業をつなぐための、現地での活動
    ● 「なぜイスラエルなのか」という「理念」
    ● 参加者からの質疑
  • 講演者
    ■チェア
    新井 均
    (同)グローバルブリッジ
    代表
    ■スピーカー
    藤原 洋
    (株)ブロードバンドタワー/(一財)インターネット協会
    代表取締役会長兼社長CEO/理事長・IoT推進委員長
    ■スピーカー
    寺田 彼日
    Aniwo(株)
    代表取締役 CEO
    ■スピーカー
    櫻井 俊郎
    (株)東陽テクニカ
    セキュリティ&ラボカンパニー
    カンパニープレジデント
    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


このページの先頭へ