講演概要

6月15日(金) 10:30-11:50

CB-07

肥大化するセキュリティオペレーションの効率化と自動化

  • 概要
    ビジネスを行う上でサイバー攻撃の脅威はますます増加しており、セキュリティ対策の適切な導入が求められています。また、サイバー攻撃の被害を軽減するために、ISACや公的機関などにおいて情報共有の取り組みも進み始めています。

    一方で組織においては、そうしたセキュリティへの取り組みの推進にあたって経済的・人的な負担が増加しており、“セキュリティ疲れ”という言葉も使われ始めています。

    本セッションでは、そうした課題の解消を目指し、限られたヒト・モノ・カネを最大限活用するための「知って得するセキュリティオペレーションの効率化と自動化」について紹介します。
    ● SDNを用いた情報共有とインシデント対応の自動化
    ● インシデント管理の効率化
    ● 脆弱性構成管理の効率化
  • 講演者
    ■チェア
    満永 拓邦
    東京大学大学院情報学環
    特任准教授
    ■スピーカー
    松田 亘
    東京大学
    ■スピーカー
    徳永 拓
    (株)GRCS
    ■スピーカー
    中本 琢也
    エムオーテックス(株)
    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


このページの先頭へ