講演概要

6月13日(水) 12:10-13:30

CC-02

真のオープンイノベーションとエコシステム
~コマツの戦略~

  • 概要
    世界に先んじて『KOMTRAX』などのオープンイノベーションを推進してきた小松製作所(コマツ)は、NTTドコモ、SAPジャパン、オプティムと合弁会社を設立し、オープンプラットフォーム『LANDLOG』を公開しました。

    『LANDLOG』は「IoTを用いて建設生産プロセスの変革を加速させるオープンプラットフォーム」として、コマツ製の建機に限らず、建設プロセスに関わる機器・情報をすべて集約し、オープンなイノベーションを加速させていくことを目的としています。ここでは、「AIによる現場作業の可視化情報」「ドローンによる地形変化解析」「各種の建機情報」「位置情報」など付加価値の高いさまざまな情報が、パートナー(サービス提供者)に対してオープンに提供されています。面白いところでは、ユーザーである建設事業者自身が、サービスを生み出し、利用し、さらに販売まで行うという新たな動きも始まっています。

    本セッションでは、すでに先をいくコマツが「なぜ今オープンプラットフォームをスタートしたのか」「この先にどういう展望を描くのか」を軸に、オープンイノベーションとそのエコシステムについて議論していきます。
    ● イノベーションのジレンマ
     -今世界で何が起こっているか
     -すべての企業がソフトウェア企業になる
    ● オープンにすることの目的
     -コマツ・ランドログの事例
    ● オープンであることの意義
     -ベンダーロックインによる障害
    ● エコシステムとビジネスモデル
     -誰のためのエコシステムか
     -ユーザーがユーザーにサービスを提供する時代
  • 講演者
    ■チェア
    菅谷 俊二
    (株)オプティム
    代表取締役社長
    ■スピーカー
    井川 甲作
    (株)ランドログ
    代表取締役社長
    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


このページの先頭へ