講演概要

6月13日(水) 10:30-11:50

CD-01

改造ネットワークエンジニア:本当に有効な人材育成とは?
~エンジニア確保困難時代に活路を見出す~

  • 概要
    現状、日本のIT需要は、「デジタイゼーションの進行」と「IoTや人工知能の躍進」とによって、大幅な拡大に向かっています。同時に、ネットワークやコンピューティングの環境は、「仮想化」されることでますます複雑化しています。

    このような時代には、どのようなエンジニアが必要とされるのでしょうか?既存のIT・インフラエンジニアは、この先どうすれば生き残っていけるのでしょうか?IoT・AIによるビックデータの処理や、これからのネットワーク設計・構築・運用に必要なスキルとは何でしょう?必要な人材の採用・育成・評価は、どのようにすれば良いのでしょうか?

    本セッションでは、まず昨年に引き続いて「IoT時代・SDN/NFV時代に求められる人材定義と、必要なスキルセット」を解説します。ついで、「企業に必要なエンジニアの人材育成戦略」について展望します。あわせて、昨年から本格化し始めた人材育成プログラム『高度ITアーキテクト育成協議会』(AITAC)の成果と評価についてもディスカッションします。
    ● IT業界での人材不足問題を検証する。なぜ不足するのか?
    ● エンジニアの人材定義と必要なスキルとは何か?
    ● 既存のエンジニアをどのようにアップデートさせるか?
    ● 人材確保、育成の成果の検証
    ● パネルディスカッション:『IT人材育成投資は必要か?』
  • 講演者
    ■チェア
    小野寺 好広
    シスコシステムズ(同)
    シニア・ソリューション・アーキテクト
    ■スピーカー
    関谷 勇司
    東京大学情報基盤センター
    ■スピーカー
    山下 達也
    NTTコミュニケーションズ(株)
    技術開発部長
    ■スピーカー
    和田 直也
    (株)VSN
    キャリア開発本部ICTキャリアマネジメント部
    ■スピーカー
    他、調整中

    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


このページの先頭へ