講演概要

6月14日(木) 12:20~13:00

KB-12

超エンタメビジネスは新しい「○○○○○」を求めている

  • 5G
  • SDI/NFV
  • エンタープライズIT
  • クラウドコンピューティング
  • IoT
  • セキュリティ
  • ネットワークインフラ
  • AI
  • モビリティ&ワイヤレス
  • ブロックチェーン
  • 放送システムのIP化

講演者

<パネリスト>
福田 淳
(株)スピーディ 代表取締役社長
ブランドコンサルタント

<パネリスト>
菊タロー
覆面レスラー

<パネリスト>
元井 美貴
(株)ウェザーマップ
気象予報士・防災士 / プロレスキャスター

<モデレータ>
橋本 英樹
スカパーJSAT(株)
経営戦略本部新規事業推進部兼宇宙・衛星事業部門新規事業推進部













概要

超高解像度、超高臨場感、AR、VR、MRなどなどなど、日々生み出される新しいビジュアルテクノロジーによって、わたしたちの暮らしや生き方、そして喜びや哀しみなどの感情や感覚までもが激しく変化している。

 デジタルでインターネットだったこの25年、テクノロジーは体験や体感、知恵や知識などといった精神的な営みに新たな刺激をもたらし、わたしたちの価値観、いやそれ以上にこれからの時代を創り出すミレニアル世代たちの価値観を決定的に変えたようだ。

 人類が生まれて以来脈々と受け継がれてきた芸能すなわちエンタメが、これからの時代の人々に求められる「超エンタメ」としてあり続けるためには、ビジュアルテクノロジーのほかにいったい何が必要なのだろうか?

 プロレス、天気予報、デジタルコンテンツといったそれぞれの持ち場で活動するパネリストたちは、一見何の脈絡もない並びに見えるかも知れないが、彼らに共通しているのは全員がそれぞれの持ち場での「表現者」であるということだ。表現者が語る経験とエンタメに賭ける熱い想いの中から、昨今語られているようなビジュアルテクノロジーのほかに、「超エンタメ」成立の本質的要素であろう「○○○○○」について、ご来場の皆様とともに考えていく。

このページの先頭へ