講演概要

6月15日(金) 10:30-15:50

HW-01

拡張現実開発キット:ARCoreハンズオン

  • 概要
    2018年2月23日にGoogleは、AR(拡張現実)の開発者むけに、アプリ開発キット『ARCore』のバージョン1.0を公開しました。ARCoreはAndroid用のAR SDKで、それまでのプレビュー提供を終えて今回正式公開となりました。これによって、アプリ開発者は、ARアプリをAndroidむけのPlayストアで公開できるようになりました。

    本ハンズオンでは、このARCoreの機能を紹介するとともに、実際にARCoreを用いてARアプリを開発します。

    実機での参加を推奨としますが、実機がなくても体験できます。
    ● 実機の場合
    2018年3月時点でARCoreが動作するのは、以下の13機種です:
    Samsung「Galaxy S8/S8+/Note8/S7/S7 edge」、LG「V30/V30+(Android Oのみ)」、ASUS「Zenfone AR」、Google「Pixel/Pixel XL/Pixel 2 XL」、OnePlus「OnePlus 5」。

    ● PCの場合
    開発ツールの『Android Studio』のベータ版を用います。エミュレータのARCoreサポートが追加されており、仮想環境でアプリをテストできます。
    ● ARCoreの機能紹介
    ● ARCoreを用いたARアプリの開発
  • 講演者
    ■チェア
    石塚 宏紀
    KDDI研究所
    グリーンクラウド部門
    データマイニング応用グループ
    研究主査
    ■スピーカー
    高橋 憲一
    (株)カブク
    ■スピーカー
    江頭 宏和
    html5jロボット部 部長
    日本アンドロイドの会運営委員
    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


    ■スピーカー


このページの先頭へ