講演概要

WEB-09
6月10日(金)14:40 - 16:10
新しいサービスを作るときのプライバシー問題 ~Webにおける忘却と再生~

講演者

■Moderator
岡田 良太郎   株式会社テックスタイル 代表取締役
■Speakers
楠 正憲     日本マイクロソフト株式会社 技術標準部 部長
山口 浩     駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部 准教授
高橋 郁夫    IT法律事務所 所長・弁護士

概要

この10数年のうちに進歩目覚ましいインターネット上のサービスにおいて、ユーザが公開する成果物やデジタルデータは多様化しており、それらの利用については、オープンソースやクリエイティブコモンズなどが浸透し、自由な活用を促進する流れがあります。

また、情報流通の側面において、ストック型のサービスが、「アーカイブ」「保全」の価値に焦点があてられているのに対し、ここ最近のフロー型の情報の流れは、より気軽に情報を発信でき、またそれらの情報は現れては消えているかのように見えます。それらをさらに自発的にアーカイブする動きもあります。

こうした環境を観察するに、権利関連のにおいては、”存在する人の主張”をベースとして整理がされており、今後増し加わるであろう"亡くなった方々"についてはほとんど無策に近い状況が散見されています。

人生の諸活動、社会の記録がインターネットに記録されている流れからすると、将来におけるインターネット上の記録の価値を考えた時、今考え始めるべきことがあるのではないでしょうか。
考慮すべきどのような「新しい問題」があるのか、本セッションにて議論します。

要旨

受講対象者

講演者略歴

高橋 郁夫    IT法律事務所 所長・弁護士
弁護士 情報セキュリティ/電子商取引の法律問題を専門として研究する。宇都宮 大学大学院工学部講師。また、法律と情報セキュリティに関する種々の報告書などに関与。

このページの先頭へ